札幌のデザイン注文住宅|lia Style(リアスタイル)

54 MODEL Re:G 制約を楽しむリノベーション|札幌の新築注文住宅デザイン|モデルハウス見学|lia Style(リアスタイル)

制約があるから、リノベは楽しい。
マンションのリノベーションは変えられない規制条件が多い。
その躯体を生かして、どこまで変化を付けられるか。戸建てとはちがう創造性が問われる。

CHECK IT OUT

ソファ/リビング空間で存在感を放つL字型のソファ。限られたスペースであっても贅沢な居場所が生まれる。
ダイニング収納/壁面いっぱいに収納を設置。空間に制約のあるマンションリノベでは幅と高さを活用するのが基本だ。
テレビ/テレビ台部分はステージのように上がれる。窓際で日が入るので洗濯物も干せる仕様にした。

From Producer

「変えられる」をどこまで広げられるか。

山が見えて窓からの抜けがよいロケーション。ここだという場所が決まれば、あとはマンションという限られた空間をいかに構築し直すかが我々の仕事です。柱や梁、窓や水回りの位置などすでに固定された制約はありますが、逆にここからここまでなら自由にできるという企画発想が醍醐味でもある。間取りという概念を捨てて、そこに住む方が望むライフスタイルの「芯」を捉えてメリハリをつけていきます。大きなソファを配置したくつろぎの空間、そしてキッチンとダイニング。造作家具はすべてオーダーメイドなので必要なスペックで大胆に作り上げました。動線や収納なども大切ですが、心地よさや楽しさなど、そこにいる時間の豊かさが求められます。マンションだからといって狭さやストレスを感じさせては本末転倒です。写真を見れば、新築分譲マンションにも出せないlia Styleらしさが表現できていると思います。

それは「会話」から始まる家づくり。

それは「会話」から始まる家づくり。