札幌のデザイン注文住宅|lia Style(リアスタイル)

札幌のデザイン注文住宅|lia Style(リアスタイル)

info

・WORKSに40MODEL 双 (そう)を掲載いたしました。
WORKSに40MODEL 双 (そう)を掲載いたしました。

04 MODEL 共に時を刻む住まい

共に時を刻む住まい 共に時を刻む住まい
親と子。二つの家族が笑顔で過ごせる空間。
一階と二階、それぞれに異なるテイストを生み出しながら、
自然と家族の集う“小上がり”がつながりをより豊かにします。 親と子。二つの家族が笑顔で過ごせる空間。
一階と二階、それぞれに異なるテイストを生み出しながら、
自然と家族の集う“小上がり”がつながりをより豊かにします。

CHECK IT OUT

親世帯のフロアのダイニングには団らんの間として小上がりの和室を配置。日常的なコミュニケーションの場としてはもちろん、年に数回の来客時には客間として活用できる。
窓を眺める気持ちのよいキッチン。テーブルと高さを揃えたウォルナットの板にステンレスを置くようなイメージで、洗練とやわらかさの融合する一体感が生まれた。
バルコニーから光を取り込むダイニング。壁と床、テーブルと異なる質感の面ですっきりと構成され、デザイン性と奥行き感が両立する。吊り下げランプがアクセント。

Room Layout

ひとつひとつにワケがある。そこにストーリーが生まれる。 ひとつひとつにワケがある。
そこにストーリーが生まれる。

[1F]ナラ材をふんだんに使った落ち着きある親世帯のフロア。プライバシーと動線のために二つの玄関ドアと下駄箱を配置。来客の宿泊にも対応する小上がりの和室は、開放的な団らんの場にもなり、家族と共に月日を刻んでいく。
[2F]床はカバ材、インテリアはウォルナットでコントラストをつけた子世帯のフロア。将来の家族構成もふまえ、寝室と子ども部屋、広いクローゼットスペースはフレキシブルに設計。生活スタイルと共に家も成長していく。

From Producer

二世帯住宅と考えるか。ひとつの家族と考えるか。 二世帯住宅と考えるか。ひとつの家族と考えるか。

単なる「二世帯住宅」という言葉に違和感を感じていました。家族みんなが一つ屋根の下で楽しく暮らす空間としての存在感。そう捉えたとき、一階の小上がりのアイデアが生まれ、同時に空間の有効活用として、客間のアイデアへとつながりました。妥協にもみえるその発想は、提案次第で納得へと変わります。きっとお孫さんが生まれれば、眠ってしまった赤ちゃんの寝顔を見ながらみんなでごはんを食べたり、そんな日々も来るはず。心の豊かさが家に生まれます。外観は木製スリットとガルバリウム鋼板と大理石の粉末を使った塗り壁で素材感と色合いを大切にしました。一階と二階で木材のセレクトを変えて、違うテイストを楽しめるのもlia Styleならではのプランニングです。