札幌のデザイン注文住宅|lia Style(リアスタイル)

札幌のデザイン注文住宅|lia Style(リアスタイル)

info

・WORKSに39MODEL 心の在処を掲載いたしました。
WORKSに39MODEL 心の在処を掲載いたしました。

22 MODEL Re:D ロケーションの豊かさを変えるリノベーション

一階の良さを、引き出す。
マンションの1階は、お嫌いですか? 寒い、防犯が心配、景色や日当たりがイマイチ…。
でも、それは意外と戸建ても変わりなかったりもします。
今回は、このロケーションの価値を最大限に活かすリノベーションをしました。

CHECK IT OUT

壁を全面的に活用した収納。日本酒が趣味のオーナーのリクエストで日本酒セラーの設置が可能なスペースも隠れている。
小さな公園に面したカウンター。読書やパソコン作業など、景色を見ながらカフェのような時間が過ごせる。
来客にも対応できる畳の小上がりは、間仕切りが可能。昼寝でごろごろリラックスや、洗濯ものの室内乾燥もできる。

Room Layout

ひとつひとつにワケがある。
そこにストーリーが生まれる。

有限の広さをシンプルに再構築。
一番長く過ごす空間は、一番心地よく。
用途に優先順位をつけて、空間利用にメリハリをつけました。

From Producer

マンションなのにロケーションを取り込める。
その特徴からディテールを組み上げていく。

ゼロから組み立てられる注文住宅とちがって、リノベーションの場合、融通がきかない部分が多い。窓や給排水の位置をはじめ、梁や天井高などもほとんど変えられません。躯体の条件がガチガチな中で、何ができるか。今回はまず外(ロケーション)との相性がとてもよかった。目の前がマンション区域内の小さな公園で木も見えます。だから窓辺に居心地のよい空間をつくりました。ダイニングテーブルはもちろん、外に向かって座れるカウンターを配置。またオーナーの趣味でハンモックを掛けられるフックも設置。日なたぼっこが気持ちよさそうです。さらに壁一面のタテヨコを活かした収納は使い勝手重視。
キッチンを充実させつつも、寝室や客間も確保しました。動線をシンプルにして生活の利便性を追求。躯体条件の規制をクリアしながら優先順位をつける。この住まいにはマンション・リノベーションの基本的な考え方が反映されています。