札幌のデザイン注文住宅|lia Style(リアスタイル)

札幌のデザイン注文住宅|lia Style(リアスタイル)

info

・7月13日(土)~15日(月)に、lia Style 46 MODEL「努努の住まい」のオープンハウスを開催いたします。
・WORKSに45MODEL タカクノスマイを掲載いたしました。
7月13日(土)~15日(月)に、lia Style 46 MODEL「努努の住まい」のオープンハウスを開催いたします。
WORKSに45MODEL タカクノスマイを掲載いたしました。

42 叙景の住まい

まさに、風景住宅。
叙景とは「目に入るありのままの景色」を意味する。
都市部とは違う、ダイナミックなパノラマ。
さえぎるもののない田園風景を望む贅沢。

CHECK IT OUT

階段/1階と2階を結ぶ階段部分は梁と柱のクロスする大胆な構図。子どもたちが往来し、その成長を見守りつづける。
バルコニー/ダイニングから地続きの広い床のバルコニー。家族の団らんの象徴となる気持ちのよい軒先(のきさき)ができました。
2Fフリースペース/1階の窓と風景とは異なる2階からの山並み。そしてlia Styleらしい優しい光と陰影が味わい深い。

From Producer

建主の思いをありのままに込めた叙景。

詩の世界を分ける表現方法。自分の思いを主観的にうたう「叙情詩」、事実をうたう「叙事詩」、そして今回のlia Styleにも名付けた、自然風景を見たままにうたう「叙景詩」の3つです。「叙景」は「叙情」と違って客観的です。景色を見ての感動は人それぞれかもしれませんが、「叙景の住まい」が持つロケーションには誰もが心地よさをおぼえるでしょう。白い連山、稜線の残雪、田んぼに張った水、すくすくと育つ緑、黄金の稲、西に沈みゆく夕日。ここから見える「叙景」のすべてがこの家の構成要素といえます。さらに「ここで生きる」「ここで営む」「ここで家族と成長する」と決めたオーナーの意志が住宅の内側に投影され、外側の自然環境を望むのです。動線も生活リズムから逆算して設計しました。畑仕事から帰宅して着替え、風呂に入り、食事をしたり、くつろいだり、まるで平屋のような一階の暮らしやすさを実現。子どもたちが2階や外で元気に動きまわる、その成長を見守ることも重視しました。