札幌のデザイン注文住宅|lia Style(リアスタイル)

57 MODEL 樹想の住まい|札幌の新築注文住宅デザイン|モデルハウス見学|lia Style(リアスタイル)

人は人と生きる。
家はその器だ。
何気ない会話、日々の支え合い。
住まいは機能だけじゃない。
家族に温かさをもたらす場でありたい。

CHECK IT OUT

テーブル/比較的めずらしい北海道産のポプラの木からつくった一枚もののテーブル。職人の提案から生まれた。
駄菓子ボックス/キッチン背面には駄菓子屋を思わせるデザインの引き戸。「今日のお菓子は何にしよう」と楽しめる工夫だ。
2階/2階には吹き抜けとフリースペース、書斎や子ども部屋が並ぶ。寝台列車のような仕切りで整然と。

From Producer

スペック以上のスペックを価値に。

オーナーと会話を重ねていく中で感じたのは、夫婦が互いを思う心や親世代を含む家族を大切にする姿勢でした。言い換えれば愛や絆というものが中心にあったのです。そう考えていくと住宅は建築物という存在を超えて“心の宿る場”ではないかと捉えられるようになりました。今回のモデルネーミングを「住処(すみか)」ではなく「在処(ありか)」とした背景にはそんな思考プロセスがあります。さらに改めて感じたことがあります。それはニーズに答えるだけの家づくりは本質ではないということ。例えばキッチンに付いた駄菓子屋さんのような愛らしいデザインのお菓子ボックス。これは子育て生活を楽しくしてほしいという家具職人からの提案でした。会話の中から生まれるひらめきは暮らしの本質を見据えたものです。だから機能を超えた遊び心や豊かさが創造できる。ものづくりとは暮らしづくりだと思います。職人たちと一枚岩になって価値を提供できることが私たちlia Styleの強みなのです。

それは「会話」から始まる家づくり。

それは「会話」から始まる家づくり。