札幌のデザイン注文住宅|lia Style(リアスタイル)

札幌のデザイン注文住宅|lia Style(リアスタイル)

info

・WORKSに39MODEL 心の在処を掲載いたしました。
WORKSに39MODEL 心の在処を掲載いたしました。

19 MODEL 仕合わせ継ぐ住まい

幸せな建物はつくれないけれど、
幸せな時間はつみかさねていける。
わたしたちとの出会い、家族であることの運命、そして土地とのめぐりあわせ。
いろんな縁が、幸せな住まいにつながります。
奥様の趣味が裁縫という由縁もあって“仕合わせ”と名づけました。

CHECK IT OUT

北向きに開いた広いキッチン。高い位置の横長の窓で「見たい」「見たくない」「見られたくない」視線をコントロール。
奥様が日中、主に過ごす空間である2Fの裁縫室と旦那様が近くにいながらテレビを見てくつろげるサブ的なリビングを。
2Fの隅には裁縫室。書籍や道具をすっきりと並べて机に向かう。気持ちよく趣味に没頭できる部屋。

Room Layout

ひとつひとつにワケがある。
そこにストーリーが生まれる。

夫婦の生活動線、距離感を反映。
ムダのない1Fの居住空間。パントリー付きのキッチンが特徴。2Fは趣味部屋と寝室、収納とで構成。住みやすさと心地よさを両立しました。

From Producer

なぜlia Styleの外壁は黒なのか。
あらためて答えたいと思います。

「植えたい木がある。」実は「仕合わせ継ぐ住まい」の「幸せ」のひとつに、木の話題もありました。オーナーの奥様の希望は、ある意味、この住居の設計・構成の中心になりました。それはその木を眺める窓、向き、庭の広さなどを決めるから。大切な思いは、優先順位の高い条件になります。つまり、必然性。一方でこんな必然性もあります。lia Styleで定番の“黒い外観”は希望的与件ではなく、建物としてのこちらからの必然的な提案です。具体的には、凹凸のないシームレスでキレよく揃ったライン。屋根との一体感を生み出します。さらに、雨だれや汚れが極めて目立たないブラックの特徴を活用しています。必ずしもlia Styleイコール黒というイメージカラーではなく、理由があるから、お客様に納得していただいている継続があるだけなのです。もちろん継続が生み出すブランドイメージというものは大切にしたいと思っています。