札幌のデザイン注文住宅|lia Style(リアスタイル)

札幌のデザイン注文住宅|lia Style(リアスタイル)

info

・WORKSに45MODEL タカクノスマイを掲載いたしました。
・WORKSに44MODEL 心呼吸を掲載いたしました。
WORKSに45MODEL タカクノスマイを掲載いたしました。
WORKSに44MODEL 心呼吸を掲載いたしました。

32 MODEL ikoro〈イコロ〉の住まい

住めば、宝。
アイヌ語で「宝物」を意味する「イコロ」という言葉。
住みやすさや美しさなどを感じる家は、所有としての宝物になる。
そこでの家族の営みや毎日の笑顔は、思い出という宝物になる。
そんな思いが込められたlia Styleらしい家ができました。

CHECK IT OUT

ダイニングからバルコニーへの連続性が開放感と心地よさを構築した。
来客やちょっとした時に使うベンチ。これを普段はキッチン家具に収めるという発想。
木のルーバーやガレージドアが印象的な正面ファサード。宝箱を開けるようなワクワク感が漂う。
1階奥の寝室、2階への階段と吹き抜け。玄関からの視界は気持ちよさと動線の流れを感じる。

From Producer

浪漫を感じる、宝物としての家族の未来へ。

今回、オーナーとの会話の中で頻繁に出たキーワード。それが「浪漫/ロマン」でした。それは夢や憧れにも似ています。でも「叶える」ものというよりは「ずっと感じていたい」もの。そんな気もします。「ぐっとくる」「なんかいい」というセリフにも近いかもしれません。エモーショナルな部分ゆえ、快適性や住みやすさとは違う。わたしたちはそんなオーナーの思いをじっくりと共有し、住まいづくりのプロとして、ダイニング、バルコニー、ガレージの配置や細かいディテールの設計に当たりました。幸い、提案するごとに「浪漫がある」、工事を進めるたびに「浪漫がある」と実感していただくことができました。住宅は毎日帰る場所、そして家族が日々を費やす場所。日常には慣れてしまうけれど、ふと我にかえった時に空間を見渡し、家族の表情を感じ、あちこちに小さな浪漫を感じる。そんな暮らしこそ「宝物」と言えるのではないでしょうか。