札幌のデザイン注文住宅|lia Style(リアスタイル)

札幌のデザイン注文住宅|lia Style(リアスタイル)

info

・12月14日(金)~15日(土)に、lia Style 42 MODEL「鎹思庵」のオープンハウスを開催いたします。
12月14日(金)~15日(土)に、lia Style 42 MODEL「鎹思庵」のオープンハウスを開催いたします。

13 MODEL 家族のカタチを創る住まい

小さき土地に、大きく住まう。 小さき土地に、大きく住まう。
動かしようのない土地面積に対して、アイデアで自由になる空間構築。
家族のカタチを思い描くことで、独特な三角形のカタチが生まれました。
lia Styleの一軒は、どれもその環境でしか建つことのない一軒です。 動かしようのない土地面積に対して、アイデアで自由になる空間構築。
家族のカタチを思い描くことで、独特な三角形のカタチが生まれました。
lia Styleの一軒は、どれもその環境でしか建つことのない一軒です。

CHECK IT OUT

階段を兼ねたベンチに座って大画面の映像を楽しむ。用途を変えることでスペースを活用。贅沢な時間はつくることができる。
中二階と呼べるフリースペース。使い勝手の良い空間は実は居心地もよく、子どもが遊ぶ、横になる、などの創意工夫も可能。
土地に合わせた三角形。奇抜さではなく必然性から生まれたカタチ。屋根の勾配は最上階の採光と広さを感じる空間づくりの結果だ。

Room Layout

ひとつひとつにワケがある。そこにストーリーが生まれる。 ひとつひとつにワケがある。
そこにストーリーが生まれる。

図面を超える、住まうヨロコビ。
車庫も収納も十分な広さを確保し、さらに日々の暮らしを楽しめる設計に。そこに"間取りありき"という感覚はない。

From Producer

既成の考えを超える。みなさんの想像を超える。 既成の考えを超える。
みなさんの想像を超える。

土地面積、床面積を言えば誰しもが「小さい」と口にする。けれど、中に入ったみなさんは「ちょうどいい」と言います。さらに「おもしろい」とさえも。「狭い」は最大のあきらめポイントかもしれない。だからこそ知恵をしぼって既成概念を壊しにいきます。ユニークなフォルム、空間構成ではあるけれど、スキップフロアや収納、階段の考え方など、理にかなっているので納得度が高いはず。また高速道路の下、幹線道路沿いに建っている関係で窓の位置も工夫しました。天井の勾配は光の乱反射を生み、直射日光ではなくやさしい光が空間を包み込みます。夜はカーテンレスのリビングで映画や音楽ライブはもちろん、大勢でのスポーツ観戦やゲーム大会などさまざまなエンターテイメントを提供。家族の幸せがぎゅっと詰まった小さくて大きな住まいです。