札幌のデザイン注文住宅|lia Style(リアスタイル)

札幌のデザイン注文住宅|lia Style(リアスタイル)

info

・WORKSに49MODEL 趣(おもむき)を掲載いたしました。
・WORKSに48MODEL 生成りの住まいを掲載いたしました。
WORKSに49MODEL 趣(おもむき)を掲載いたしました。
WORKSに48MODEL 生成りの住まいを掲載いたしました。

lia Styleブログ

lia Style 31 Model(1)-新プロジェクト!

こんにちは。ジブですm(__)m

先日、新プロジェクトとなるlia Style 31 Modelがスタートしました!

01a12940076983f6fb662a62d62751aaf3b0f76a7b

オーナーAさまと契約調印中。。。

Aさまと初めてお会いしてから1年以上になりますね。
最終的には21Modelのオープンハウスにご来場いただいたのが
lia Styleでの住まいづくりをご決断いただいたきっかけだと思います。

Aさまとの土地探しも難航しました。
僕とAさまとの価値観の共有は完璧だったので
コレはイイ!と思える土地は何物件かありましたが
タッチの差で他の方に買われてしまうというのを繰り返しました。

あの頃は・・・本当に心が折れそうになりました(笑)

そんな中・・・
Aさまにとって最良な土地を生みだすコトができたと思います!

・・・生み出すコトができた??

このフレーズは30Modelのブログでも使いました。。。
その30Modelのブログは>コチラ<

実は・・・
30Modelと31Modelは2つ合わせて
最高に面白くて、漠然と「こんなコトをやってみたい」って
僕たちが思っていたようなコトが実現できるプロジェクトなのです。

僕たちが「こんなコトをやっていみたい」と思っていたのは・・・
コミュニティを創造すること。

団地の再生でも、街並みの構築でも
家づくりは個の形成ではあるけれど
街並みのアイコンになるような住まいが存在するだけで
コミュニティを変えることができると思っていました。

変えるのではなく創る。

家づくりを通して暮らしを創造したいと考えているlia Styleとしては
漠然とだけどチャレンジしたいことでした。

30Modelと31Modelは・・・
2棟が横並びとなって建つプロジェクトなのです!

「いやいや、造成地でやるんでしょ?」

なんて声も聞こえてきそうですがそうではないからテンション高いんです(笑)

30ModelのオーナーSさまと31ModelオーナーAさまは面識はありません。
2家族の共通点はlia Styleで住まいづくりをするって決断したこと。
僕と一緒に土地を探していたということ。

今回の建築地付近で土地を探したいと最初に決断されたのは31ModelのAさま。
30ModelのSさまはちょっと違うエリアで土地を探してました。

ただAさまが希望されたエリアはなかなか販売物件が出ないのと
中途半端に大きい面積の土地が多い地域。

そんな時・・・
Aさまが希望されていたエリアに中途半端に大きいの変形地の物件が売りだされました。
割安感はあるものの確実に予算オーバー。
普通に考えたら分割するのも間口の寸法みても厳しい・・・。

まぁ・・・
ノムラなら普通に考えたら厳しい間口でも何とかするし、何とかなるし、良くなるし。

そんなワケの分からない確証はあるものの(笑)
Aさまがその土地で建築することは無理だろうと諦めていました。

けど条件は完璧・・・。。。

そこでハッと思いついたのは・・・
普通に考えたら分割しないであろうこの土地を
無理矢理でも分割したとして
もう一つの土地に興味をもってくれるオーナーを探せないか?ということ。

その時に思い浮かんだのは30ModelのオーナーのSさまの顔でした。
全く違うエリアで土地をさがしてはいたものの
この場所にSさまが暮らすコトに違和感を感じなかったと言うか
言葉では言い表わせれないのだけどなんか思ったんです。

そしてSさまに話を持っていくとすぐその立地条件にご納得いただき
面白がっていただき、ご決断をいただきました!

この2つのプロジェクトの建築地は僕たちが一端土地を購入し
2つの間口の狭い、細長い土地として分割しSさまとAさまにご購入いただく流れです。

僕たちが販売戦略上、購入を決断した土地ではなく
lia Styleというブランドを介して見知らぬ2家族が縁で結ばれ
一緒に協力して生み出すコトができたSさま、Aさまにとって最良の土地となったんです。

lia Styleを介して2家族だけだとしてもコミュニティを形成することができたんです!
いや~もうドキドキしますよね。

30ModelのSさまも、31ModelのAさまも同じことを言うんです。

lia Styleが2棟並ぶのって面白いよね!

ありがとうございます(笑)
僕もノムラもK大工も仲間たちもみんな同じように思っています!

だめだ。楽しみ過ぎてブログがまとまらない(笑)

このコミュニティの形成のストーリーが面白いってことで
Replanチームの提案もあって12月発刊号で6Pで紹介しようとか・・・
なんかチームみんなが暴走中。

そして・・・横並びなので・・・
これは僕もこの業界に入って初めての経験なのだけど
2棟の同時着工、同時竣工、同時オープンハウスを開催します!
工期は長めで約半年(2棟で)の予定。

あっ2棟の地鎮祭も同じ日(笑)
その日が2家族の初めての対面の日!

あぁぁぁぁぁぁぁぁ
対面の時の2家族のリアクションも楽しみ。

僕ならモジモジしちゃうかな(笑)

当たり前ですが住まう家族が違うので
30Modelと31Modelは全く違う空間構築となっています。

30Modelと31Modelの空間は本当に対極。
これまた対極な空間が隣同士で並ぶのも面白い!

2棟の進捗もお楽しみに!

オーナーAさま

色々ありましたが全ていい思い出ですね(笑)
これから本格的に住まいづくりがスタートとなりますが
楽しみながらいきましょーね!
僕たちを信じてくれてありがとうございます。

では。