札幌のデザイン注文住宅|lia Style(リアスタイル)

札幌のデザイン注文住宅|lia Style(リアスタイル)

info

・WORKSに44MODEL 心呼吸を掲載いたしました。
・WORKSに43MODEL 叙景の住まいを掲載いたしました。
WORKSに44MODEL 心呼吸を掲載いたしました。
WORKSに43MODEL 叙景の住まいを掲載いたしました。

lia Styleブログ

lia Style 45 Model(模型編)

こんにちは。ジブですm(__)m

今日は・・・
lia Style 45 Model【タカクノスマイ】の模型を公開します!

写真は全て拡大できるので拡大してくださいね。

☆外観
・外壁材はガルバリウム鋼板の立平葺を採用。
・変形した五角形の土地に建ち、六角形で九面体という形状も独特なファサードが印象的
・各面でボリューム感が全く変わるのもノムラが創るlia Styleの住まいの面白さ
・地区計画の制限もあり塀などで視線を隠せないために創造された
表皮のような正面の壁が創る”顔”の表情がインパクト
・ボリューム感、ファサードのインパクトもあり、造成地の中でもアイコンのような存在になるだろう

IMG_3837_DxO
【南側外観】

IMG_3838_DxO
【南西側外観】

IMG_3839_DxO
【西南西側外観】

IMG_3840_DxO
【北西側外観】

IMG_3842_DxO
【東側外観】

IMG_3844_DxO
【直角は2つだけという形】

Photo-2019-02-05-15-32-03_9549_DxO
【視線を遮る表皮のような壁】

☆1階
・家族団らんの間と子供たちの間、実用的なスーペースとを明確に分けたゾーニング
・子供との距離感を大事にしたWさまを考えノムラが構築したのは子供の間と階段を
コアとして空間のど真ん中に配置した空間。
・変形角地、道路のヌケなどを考え、造成地ながらカーテンウォールを配置。
・表皮のような壁で閉じることで、室内を大胆に開くという圧倒的な空間となった。
・リビングはダイニングのそれとは違い、重心を下げ落ち着きを創るため地窓が配置された。
・買い置きの物などを全て一つの場所に集約したいという奥様の要望と
実生活の上で便利と考えたファミリークローゼットと水周りをシンプルに並べて配置。

11

13

15

カーテンウォールが創る陰影の美しさと
地窓が創る落ち着きの共存がこの住まいの心地よさとなる。

18

19

コアとなる子供の間は周りよりも床レベルをあげることで
子供にはドキドキ・ワクワクを、親には絶対に子供が見れる距離感と視線の確保をと
価値観が3つの物を同時に実現した。

17

何より、遊ぶ子供が楽しく、見てる親が嬉しいというのが
空間の色をカラフルにしてくれるはず。
☆2階
・1階にファミリークローゼットを配置したことで、シンプルに寝室と子供部屋を配置した
各部屋の収納量としては最低限度のものとした。
・吹抜けを囲うように子供部屋を配置することで、のぞき窓もつくり親子の距離感を意識した

IMG_3845_DxO
 
IMG_3847_DxO

IMG_3848_DxO

Photo-2019-02-05-15-30-40_9544_DxO

45Modelは、ネーミングにも表したように
変形五角形の土地に、変形六角形の形の建物となったように色々な角度と
ご家族の多角性なキャラや希望などがあってシンプルな配置ながら
面白さが散りばめられた、インパクトのあるファサードとなりました。

ファサードのインパクトは、もしかするとWさまご家族のインパクトそのものかもしれませんね(笑)

Wさまと共通した価値観でもあった『造成地で面白い住まいを建てる』という部分も
もしかしたら既成概念に凝り固まった家づくりにとっても意味もあるのかなと思いました。

何だかえらそうで申し訳ないのですが・・・
けど、そういう意味でも、僕はドキドキ・ワクワクなプロジェクトなのは間違いないです。

どうでしょう?
45Modelの空間の心地よさが伝わるでしょうか?
常套句ですが、この住まいの心地よさは竣工して体感しないと分からないと思います。

ただ間違いなく言えるのは、
Wさまの日常が楽しく、ドキドキできる彩りに溢れた住まいになること間違いなしです!

現在、45Modelは大工工事中!
工事の進捗の様子もお楽しみに!

では。