札幌のデザイン注文住宅|lia Style(リアスタイル)

lia Styleブログ

the 10th anniv. ~03Modelの好きなところ(3)~

こんにちは。ジブですm(__)m

2020年8月27日に10周年を迎えた
lia Styleの今までをジブの視点で振り返る the 10th Anniversary。
前回から、03Modelでジブが好きなところをご紹介していますが
今回も引き続き03Modelでジブが好きなところをお伝えします。
(前回のブログを 読まれてない方は>コチラ< )

前回は03Modelのエントランスについて書きましたが
今回は1階をご紹介したいと思います。

やはり思い入れが強すぎて
好きなところを紹介というか
全部、紹介したくなってしまいますね(笑)

エントランスに足を踏み入れると
最初に目に飛び込んでくるのは

2階のカーテンウォールから降り注がれる
圧倒的な光量で
すぐ階段に向かいたくなる気持ちが
湧いてしまう感じ。

そのためか、ご来場いただく多くのお客様も
2階から見学される方が多かった気がします。

この階段の横が

03Modelで唯一の廊下。
上部の吹抜も直角ではなく
この03Modelの土地のカタチが
表現されていたのも面白いポイントでした。

この廊下は機能的に
トイレや洗面化粧台、寝室などが配置されていました。
建具の収まりは今も共通ですが
パッと見ると
ドアがどこにあるか分からないような
ディテールとなっています。

ちなみに
上の写真には
トイレのドアや収納の建具が
写っていますが分かりますか?

こういうディテールも
空間をシンプルに、美しくするポイントだと思います。

鏡にトレイのドアや建具が写ってますね(笑)
このブログをみて、ひとつ後悔してるのが
実は、この化粧台の鏡にはギミックが隠されていて
初めて家具の匠と一緒にしたプロジェクトだったのだけど
家具の匠と、ノムラと僕でふざけて会話をしていたときに
思い付きのようにひらめき、実際にやってみて
”ほぼ間違いなく、もうやらないけど”最高に面白かった仕組みを
写真で残していないことが判明。。。

いや~~ショック。。。

言葉で表すと
鏡の下をグッと押すと
グワーッてカップが入るくらいの
収納が下がってくるんです。

分かんないですよね(笑)
多分、誰も見たことの無いギミックでしたが
あまりに実現するのに高額なのと
その割に、使えるスペースが小さいので
非現実的でしたが
けど、楽しいと思ったことをやっちゃう
lia Styleチームの特徴を
表していたと思います。

この寝室の真正面の壁も
直角ではありませんが
実用的に不便なく
ベットなどが配置できるよう
配慮されていました。

ベットヘッドの上にある間接照明も
人気がありましたね。

途中で、仲間の左官職人の提案で
使ってみたい素材があって

間接照明の壁部分を左官仕上げに変更しました。
色が黒系になったので、明るさの反射が減って
より落ち着きのある空間になったと思いますね。

寝室の奥には”蔵”がありました。
収納の考え方というのを
ここで良く語らせてもらってました(笑)

オーナーの多くが経験されたと思いますが
寝室で1時間以上、軟禁されたオーナーもいたと思います。

寝室でも、よく語りましたね~。僕は(笑)

完全に、好きなところじゃなく
全部、紹介する勢いになってます
もう03Modelが大好きすぎて、止まりません(笑)

では。
———————————————————-
■lia Styleのアイコンとして存在した03Modelが創られる過程をぜひ。
https://liastyle.jp/blog/?cat=4

■WORKS(施工事例)03Model【スカイコートのある住まい】
https://liastyle.jp/works/model03/

■現在ご覧いただけるモデルハウス 住まいづくりの未来へと導くモデル 37Model【羅針盤】
https://liastyle.jp/works/model37/

■2020年8月27日、lia Styleは10周年を迎えます。
お引渡しをした住まいのコンセプトやポイント、オーナーご家族のことなど
ジブの視点で振り返る the 10th Anniversary。随時更新していきます。
https://liastyle.jp/blog/?cat=69
———————————————————-