札幌のデザイン注文住宅|lia Style(リアスタイル)

札幌のデザイン注文住宅|lia Style(リアスタイル)

info

・WORKSに48MODEL 生成りの住まいを掲載いたしました。
WORKSに48MODEL 生成りの住まいを掲載いたしました。

lia Styleブログ

lia Style 23 Model(21)-オリジナル家具。

こんにちは。ジブですm(__)m

今日は・・・
lia Style 23 Model【桜絵窓のある住まい】のオリジナル家具について。

lia Styleのオーナーの共通点としては・・・
”1番”とか”初めて”などというフレーズに過敏に反応する方が多いかもしれません(笑)

23ModelのオーナーKさまもチャレンジ精神をお持ちなのと
”lia Style初”というフレーズにグッときてしまったおひとりです。

23Modelは桜並木に接する土地に建つ住まいで
かつ南側の道路からみると整形地なのですが
北側の桜並木に面する部分は道路に対しナナメになっている変形地。

その変形地の形を生かし
ロケーションを美しく取り込む空間構築をノムラが創ったんですが・・・。

プラン当初からキッチン天板の形が四角形ではなく
変形した形をしていました。
建物につかわれている角度が全て表現されていて
この住まいの象徴のような家具となったキッチン。

01

問題は・・・
その変形したキッチンの天板を”何で創るか?”ということ。

ステンレスでも人造大理石でも木天板でも
あまりに変形した天板のため歩留まりが悪くコストが心配なのと
今まで見たことのない形のキッチンで
今まで見たことのある素材で創るのも楽しくない(笑)

そんな話をしているときに・・・
ノムラが左官の匠から「面白い素材がある」と紹介を受けていたモノを思いだし提案すると
違うルートから「その素材」を聞いていた家具の匠もノリノリに(笑)

その二人の話にジブのテンションはMAXになり
オーナーKさまも嬉しそうに「やりたい!」と即答(笑)

・・・そのあと実際に施工するまでの間には
色々な試行錯誤がありましたが、それは割愛。

02

この素材は・・・
当時、日本に輸入されて間もないモノだったので
僕もあまり人には教えたくなくてブログでは詳しくは触れなかったのだけど
1年以上たって随分と知られてきたのと
lia Style的にはよく使うものになったので出し惜しみ解禁(笑)

これは・・・
Mortex(モールテックス)という撥水性のあるモルタルのような素材感の
左官材であり、左官仕事で仕上げるモノ。

04

要は、撥水性のある素材なのでキッチンの天板としても使える素材であり
変形した形でも左官仕事なので対応できるという
23Modelのキッチンにとっては最良の選択となりました!

そして、すっごくカッコいい(笑)

23Modelのキッチンは
Mortexを採用することで独特の形を表現することを大切に
かつ素材の特徴を生かすことを最優先として
天板に厚みを持たせ重厚感を表現しました。

_DSC1280

ちなみに・・・
23Modelでは、土間にもMortexを採用。
手入れも含め、エントランスにも最適な素材だと思います。

05

という形、素材ともに特徴のあるキッチンは空間にも溶け込み
家族団らんの間と繋がっていますね。

06

家族団らんの間に置かれるのは
lia Styleオリジナルのダイニングテーブルとチェア。
ナラの天板になります。

家族がずっと一緒に居るところだから本物を。
というのもあるけど・・・
その住まいの中で一番の空間には一番最高なモノをという思いもあります。

空間や家具は何のためにあるのか?
ひとつひとつを分けて考えてはダメだと僕たちは思っていて
なぜダメなのかと言えば
別々に考えがちな2つだけれど目的が同じために存在しているから
だから分けたらダメだと思うのです。

目的は何か?

そこに住まう家族が心地よく、笑顔でくらすこと。

これしかないと僕は思います。
lia Styleチームはこれを実現するために
「何かいいね」って呟いちゃうような住まいを創りたい。

物づくりの世界だけど、物をつくるのが目的ではなく
オーナーに「やっぱり自分の住まいが一番だな」って

「ジブンノウチ、ダイスシー!」
↑↑↑日本シリーズが終わるまでは、かなり影響をうけると思いますm(__)m

って札幌ドームで叫びたくなるくらいな住まいを
オーナーと一緒に創っていきたい。

09

10

季節の変化、空間に取り込まれる彩り全てを受け止めれるようにしたい。
これもそこに住まいオーナーの豊かさに繋がるハズだから。

23Modelのロケーションの豊かさについては>コチラ<

家具の紹介のはずなのに、空間の紹介になってしまうのは
この”同じ目的”を共有し、共感したみんなで創った家具や空間だからなのでしょうね。

これがlia Styleの面白さのような気もします。

では。