札幌のデザイン注文住宅|lia Style(リアスタイル)

札幌のデザイン注文住宅|lia Style(リアスタイル)

lia Styleブログ

the 10th anniv. ~室内環境のプロ~

こんにちは。ジブですm(__)m

今日のブログは
先日アップした「01Modelの好きなところ(2)」の最後に書いたように
lia Styleに劇的な出会いを作ってくれた人について。

「01Modelの好きなところ(2)」を読まれてない方は>コチラ<

あと、この話は「ブランド設立前(3)」の伏線回収でもあります。

「ブランド設立前(3)」を読まれてない方は>コチラ<

01Model竣工から約3か月ほど前に話はさかのぼります。

オヤジ(C社長)から教えていただいた
暖房・換気のメーカー担当者(Kさん)に
ノムラがアポを取り、お会いしたのが初めての出会い。

今でもlia Styleチームとして参加してくれている
室内環境のプロと僕が称している方です。

当時の僕たちは、暖房も大事だし、換気も大事。
それは思っていたし、連動するものとも思っていたけど
今思えば、何も理解してなかったんだなと思います。

当時で、既に10年以上も住宅建築の業界に一応は居て
契約数は多かったので”住宅のプロ”みたいな顔をしていた
僕だったですけどね。

それを認識させてくれたのも
そして、lia Styleの室内環境がよいのも
全て、Kさんのおかげです。

1_R

Kさんがlia Styleブログに登場したのは
06Modelの取り扱い説明の時でしたね~。

僕たちが話を聞きたいと思ったのは
北見のオヤジのモデルハウスに伺ったときに
体感した換気システムについてでした。

その説明を聞くために、Kさんにアポを取ったのです。

まさか、こんなに大きな繋がりになるとは
その時は全く思ってもいませんでした。

初めてお会いした時に最初に話したのは・・・

僕たちが換気システムの何に興味をもったのか
とういのはもちろんですが、

一番伝えたかったのはlia Styleという新しいブランドで
何をやりたいのかということ

呼び立てておきながら、
長々と僕が暑苦しい思いを一方的に話しまくるという
今思うと恥ずかしいことをしました。

まぁ大体いつも、そうなんですけどね(笑)

話を一通りし
Kさんが換気システムについての
僕たちの質問に答えてくれながら

換気システムだけを語っても意味がないこと

暖房とか換気とか別々の言葉で表現するのではなく
”室内環境”をいかに効率よく
整えるのかが大事であるということ

などなど
僕たちですら知らなかったようなことまで
教えてくれました。

その段階で
この人と一緒に仕事がしたい。って思ってましたよね。

そう思っているとKさんが

「正直、想像と違ってました。」

という一言を言ってくれました。
Kさんは、僕たちのことを住宅メーカーの人たちだから
きっと自分とは”違う”人たちだろうな・・・と思っていたそうです。

Kさんは
住宅機器メーカーの方なので
色々な人との出会いがあって

物づくりに邁進している人から
物売りのみ行っている人まで知っていて
色々と思うことがあるそうでした。

そして、きっと僕たちも物売りの人間なのだろうと
想像しながら、僕たちと会ったそうです。

だけど会って話してみると
住宅メーカーにも”こういう人たち”がいるんだと
思ってくれたそうです。

「間違ってないと思います。」
「面白いですね。」

という言葉をいただき、
同じチームとして
一緒に住まいづくりをしていただけることになりました。

オヤジから教わった

「外に仲間を作る」

その一人目だったのが、このKさんでした。

Kさんが言われたのは・・・

「ノムラさんは自分が思うような楽しい空間を創ってください。」
「その空間の室内環境を僕が整えますので。」

ということ。
実際に、それ以降のlia Styleの室内環境については
Kさんが全て関わってくれています。

ノムラが創る空間の意味や意図をくみ取ってくれ
室内環境については、全てお任せしています。

lia Styleのモデルハウスやオープンハウスに
初めてご来場していただいた方に
必ずお話をするのが、僕たちの仲間について。

カッコイイなどなど、褒めていただくことが多いのですが
それは僕たち二人が凄いのではなくて
僕たちのチームが凄いのだと、仲間たちの存在があってこそ
lia Styleの住まいは成り立っているのだとお伝えしています。

僕とノムラだけでは、何もできないんです。
lia Styleの仲間たちは”その道”のプロ達です。
仲間がみんな、全力で楽しんで
仕事をしてくれるので、lia Styleの空間は実現しています。

この事実を、多くの人に知っていただきたいと思っています。
そして、住宅建築において一番大切なのも
こういうチーム、仲間との人と人との繋がりだと思っています。

室内環境のプロのKさんも関わってくれた01Modelのプレオープンの時
Kさんは竣工した空間を見て、笑顔で

「いいですね~!」

と言ってくれました。
嬉しかったことを覚えています。

Kさんの存在は、あの時も、今も支えになっていますね。

Kさん、あの時、何も知らなかった僕たちに
色々と教えてくれてありがとうございました。

01Modelのプレオープンから数週間後、
2010年の年末近くになるのですが

Kさんからの繋がりで
大きな出会いが生れます。

今のlia Styleチームに欠かせない繋がりが
この大きな出会いから、広がっていくことになります。

この出会いについては、次回お伝えしますね。

では。
【お知らせ】

lia Style 37 Model【羅針盤】の見学は
完全予約制でのご案内となります。

ご予約は>コチラ<

あと、オンライン相談も始めました。
詳細は下記バナーにてご確認ください。

オンライン_edited-1