札幌のデザイン注文住宅|lia Style(リアスタイル)

札幌のデザイン注文住宅|lia Style(リアスタイル)

lia Styleブログ

the 10th anniv. ~01Modelの好きなところ(1)~

こんにちは。ジブですm(__)m

今日のブログは
先日アップした「01Modelオーナーとの出会い」の最後に書いたように
ジブが01Modelで好きなところを
2回から3回に分けて紹介したいと思います。

「01Modelオーナーとの出会い」を読まれてない方は>コチラ<

01Modelのジブが好きなところ第一弾ですが
まずは・・・階段をご紹介。

IMG_1607_Dxo6_R

タモの無垢材を踏板とした階段ですが
一番の特徴は1段目から6段目の踏板の幅の広さですね。

IMG_1423_Dxo6_R

IMG_1428_Dxo6_R

階段としてだけの機能を考えれば
この幅は必要ないのは事実なんですが
こうすることで
家の真ん中に配置された階段に座って本を読んだり
写真や五月人形を飾ったっていいですよね。

modelk_R

この階段は、こんなにも楽しくて面白いのだけど
住宅メーカーや工務店の
住宅建築のプロと言われる方々からは
階段の折り返しのところに頭をぶつけそうだとか
結構、否定的なご意見を多くいただいたのを覚えています。

けど・・・
実際に01Modelを体感いただいたお客様で
そういうことを気にされた方はいないし
何なら面白いって言ってくださったし、
お子さんの遊び場にもなってましたね。

既成概念に捉われたくないと思っていた僕たちが
階段という機能的な要素に向かい合って
今までにないものを構築できたような
それを強く感じられたものでもありました。

僕たちが進むべき道というか
何かそういうものを表してくれたような気がします。

この階段、僕は本当に好きでした。(今も好き!)

そんな階段と同じくらいに楽しんで創造して
「大丈夫かな」と目一杯に不安になって
そして完成した空間をみて、最高!って思ったのは・・・

11IMG_2178_Dxo_R

このリビングの窓。

高さ1mくらいの窓を
地窓として設置したのだけど
当時の僕の感覚で言うと・・・

リビングの窓はでっかい方がいい感じ。
窓が開けられるのが当たり前な感じ。

っていうのがあったのだけど
この窓はサイズは小さいし、床についた地窓だし
窓もFIXで開かないし、

リビングっぽくないのが
01Modelでの冒険のひとつだったこともあり、
どう皆さんに見られるか不安でもありました。

けど
竣工して思ったのは、なまらいい!だったし
多くの方にご来場いただいたのですが
皆さん、この窓の前で”しゃがんで”くれたんですよね。

リビングは座ってなんぼのところなんで
空間の意図としても大正解だったと思います。

もちろん、窓のサイズや設置位置だけではなく
空間のバランスを取るために
ノムラの工夫や配慮は色々と行われています。

詳しくはここでは割愛しますが
lia Styleの空間ボリュームは01Modelでの
冒険がベースとなっているのは事実です。

09IMG_1353_Dxo2_R

特徴的なリビングの開口部と
階段のコラボレーションを感じられるこのアングルは
ジブの大好物でしたね。

空間ボリュームや重心の低さなどについて
ご来場いただいたお客様に暑苦しくお話させていただきました!

懐かしい笑

10リビング01_R

このアングルもカッコよかったですね~。
このアングルはマル秘メンバーのOさんが見つけてくれたんです。

こういうマニアックな写真も
lia Styleをノムラと二人で運営するようになって
撮るようになりましたね!

ちなみに、このリビングのソファは無印良品のもの。
無印良品のソファは、シンプルなので扱いやすいですよね~。

ノムラと二人で家具を見に行ったりしましたね。

当時は、少し仲が良かったかもしれません(笑)

あと、01Modelの床はカバ材で
実はオイル塗を自分たちで行っていない唯一の住まいです。

この時は、まさかフロアのオイル塗りをオーナーと一緒に行うなんて
想像してなかったですね。

いや~~、振り返ると懐かしいな~!

次回も、01Modelのジブが好きなところをご紹介します!

では。
【お知らせ】

lia Style 37 Model【羅針盤】の見学は
完全予約制でのご案内となります。

ご予約は>コチラ<

あと、オンライン相談も始めました。
詳細は下記バナーにてご確認ください。

オンライン_edited-1