札幌のデザイン注文住宅|lia Style(リアスタイル)

info

・WORKSに50MODEL 岳(がく)を掲載いたしました。
オンライン相談を始めました。
WORKSに50MODEL 岳(がく)を掲載いたしました。
オンライン相談を始めました。

lia Styleブログ

the 10th anniv. ~03Modelの計画推移~

こんにちは。ジブですm(__)m

2020年8月27日に10周年を迎える
lia Styleの今までをジブの視点で振り返る the 10th Anniversary。
前回の「02Modelの好きなところ(2)」で書いたように
今回からは03Modelを振り返っていきたいと思います。
(前回のブログを 読まれてない方は>コチラ< )

03Modelのスタートは土地探しからでした。
当初はノムラと話をして二人ともに
ある要素を持つ土地がほしいと思っていました。

それは、ロケーション。

とにかくロケーションの良いところで
モデルハウスを建てたい!

その一心でした(笑)

色々な物件を探しましたが
なかなかロケーションの良い土地が見つからず
崖の上で夜景が綺麗そうとか
もう探しまくりました。

そして、ロケーションのある土地を見つけて
購入できることになったのですが
売主の関係で、所有権移転に時間がかかる物件で…
手放すには惜しい土地だったので購入はしたものの
03Modelのモデル用地としては使えない状況でした。

ちなみに・・・
この土地は、後にlia Style 10 Model【Proto】が建ちました!

その前後にも色々なストーリーがありました。
それはまた今度お伝えするとして・・・

いずれにしても
03Modelの土地探しは振り出しにもどりました。

そこで、ロケーションではない価値観というか
「自分たちがテンションがあがる土地って何か」を
ノムラと話したところ、変形地もいいよね~~!ってなり

ロケーション、または変形地。
もし両方の要素が合ったら最高!という
マニアックな土地探しをしていき、

2400_R

そして、見つけたのが03Modelの土地になります。

変形五角形で、一般的には住まいを建てるには難しい条件でしたが
僕とノムラは即決でした。

img-409112611-0001_R

正確にいうと、ノムラがいける!っていったので
僕も、それに乗っかったというのが正しいですね(笑)

そこからノムラは空間構築に没頭し
ドキドキ・ワクワクしかない建物を創造しました。

今から9年前くらいの話なのですが
あのゾクゾクした感覚は、忘れられないですね。

僕は03Modelの土地をみて、
ノムラが創った図面をみて、
模型を見て、

IMG_5536_DxO_R

変形地がより大好きになり・・・

03Modelが完成したときには
変形地好きが止まらない感じになっていたと思います。

次、自分がもし家を建てるなら変形地を全身全霊で探しますね(笑)

あっ、お勧めできる変形地、ひとつあります!
ご興味ある方は、ジブに連絡を!(笑)

空間が創られ、計画が進んでいくことになりますが
大工については、もうこの頃からK大工に
lia Styleの仕事は全部、お願いしよう!と暗黙の了解で確定していたし

窓のスペシャリストには早いタイミングで
ノムラは相談し、大開口を実現できたりと
新しいチャレンジに胸を躍らせていた毎日でした。

そして、窓のスペシャリストからの人つながりで
今のlia Styleにとって欠かせない仲間が
更に増えることになります。

次回、その人のつながりについて書きたいと思います!

では。
———————————————————-
■lia Styleのアイコンとして存在した03Modelが創られる過程をぜひ。

https://liastyle.jp/blog/?cat=4

■WORKS(施工事例)03Model【スカイコートのある住まい】

https://liastyle.jp/works/model03/

■現在ご覧いただけるモデルハウス 住まいづくりの未来へと導くモデル 37Model【羅針盤】
https://liastyle.jp/works/model37/

■2020年8月27日、lia Styleは10周年を迎えます。
お引渡しをした住まいのコンセプトやポイント、オーナーご家族のことなど
ジブの視点で振り返る the 10th Anniversary。随時更新していきます。
https://liastyle.jp/blog/?cat=69
———————————————————-
_R