札幌のデザイン注文住宅|lia Style(リアスタイル)

lia Styleブログ

lia Style 56 Model(3)-コンセプトとネーミング

こんにちは。ジブですm(__)m

今日は・・・
lia style 56 Modelのコンセプトとネーミングについて
お伝えしたいと思います。

実はもともと気に入った建築会社があって
その会社と計画について話し合われ
土地探しを進めていたオーナーMさま。

良いな!って思える土地が見つかったけど
残念ながらその土地とは縁がなく
そして担当者の関係性もあって
色々な建築会社を探しているときに
lia Styleを見つけ、僕の長時間に渡る暑苦しい話を喰らい(笑)
一緒に住まいづくりをするご決断をしてくれたのですが

そのlia Styleと出会う前からMさまの考えとして・・・

建物に予算をかけたい
キャンプが好きだから「キャンプ感」を住まいに足したい
だから利便性を問わず、少し広めで価格が安い土地を探したい!
と明確なイメージを持たれていて
かつ職場などの通勤も考えられてエリア選定をされていました。

その内容に僕もあった違和感を感じなかったので
lia Styleで住まいづくりをすると決めていただいた後も
Mさまが希望されていた同じエリアで土地を探しました。

そして
前回のブログでも書いたような土地探しでのプロセスを経て
結果として利便性の良い狭小地で
かつ「キャンプ」と「住まい」を分けて考え

当初ご夫婦が思い描いたイメージとは違うけど
lia Styleの空間が大好きでたまらない感じ(笑)のお二人は
僕たちの事を信じてくれて
土地のエリアが変わるだけでなく
住まいへの価値観は真逆のものへと変化していきました。

この価値観がガラッと変わった経緯を言葉で表現したい考えました。
Mさまの住まいづくりの軸みたいなものがそこにあると感じたからです。
そして、それこそが56Modelのコンセプトになるのだとも思ったのです。

すぐ浮かんできた言葉は

「断捨離」
「ミニマリスト」

とよく聞くフレーズでした。

結果として、56Modelは狭小地に建つので
必然的に建物ボリュームも小さくなっていく。
だからこそ確かに断捨離も必要だろうし、
住んだ後はミニマリストのように
物を増やさないことを豊かさとすることもあると思うけど
それは住まいが竣工してからの話なわけで・・・

僕が言葉にしたいと思ったこと
軸というかコンセプトにもなると思ったのは
ご夫婦の価値観が変化したプロセスの部分でした。

お約束のように迷走し(笑)
そして見つけたMさまのプロセスの過程を表す言葉は
「見立てる」という言葉でした。

意味は大きく分けて2つあって
「見て選び定める、選定する」
「物を本来あるべき姿ではなく、別の物としてみる」
というもの。

今回は「見立てる=見て選び定める、選定する」という意味合いが
56Modelに不可欠な言葉だったと思います。

Mさまは土地探しをきっかけに
今の暮らしや趣味
そして自分たちの将来のことなどを想像し「見立てた」ことで
「自分たちが大切にすべきことは何か」ということを明確にするプロセスが
住まいづくりの根底となったから価値観が変化したのだと思います。

「自分たちが大切にすべきことは何か」

この言葉に向き合ったということが、この住まいのコンセプトなのだと感じてます。

だから、土地のエリアも
現在や将来、希望を「見立て」て
結果として全く違うエリアが自分たちにとって理想と言え
公共交通機関などの利便性を重視し、
建物の漠然とした「キャンプ感」などのイメージも「見立て」て
趣味と住まいを完全に分けて考えるようになられました。

けど、狭小地で建物も小さくなるけど
「土間が広くほしい」とか「木を望みたい」などの希望は全部言いたい
無理かもしれないけど伝えるということを
僕たちの住まいづくりのスタンスをも「見立て」くれました。

その内容は僕がヒアリングの時に
この土地でMさまご夫婦の理想の暮らしの全てを
創造し具現化するのは難しいかな?と思うくらいなボリューム感で(笑)

そして
そのすっごくあった要望を
ノムラが「見立て」て
びっくりするくらい希望が反映された空間を構築しました。

何かを諦めたり
妥協したのではなく
「見立てる」ことで
豊かさを手に入れた住まい。

さぁ、ネーミングになりますが・・・
ここまでくると、至ってシンプルです(笑)

Mさまご夫婦は
この56Modelで暮らしていく中で
きっと色々なことがあって
その中には楽しいことだけではなく、
辛いことや悲しいこと、悩むこともあるかもしれない。

そんな時、どんな時でも、
この住まいがひとつの基準のようなものになって
将来を想像したり、結論をだしたり
何か「見立てる」ことができ
心を穏やかに過ごせるような
Mさまと共に時を過ごす最良な住まいとなってほしい。

そんな想いをこめて
lia Style 56 Model【見立てる住まい】と名付けます。

Mさま、いかがでしょうか?
ピッタリなネーミングだと勝手に自負しています!

現場は現在、基礎工事中!
というかもう終わってます(笑)

週明けからK大工が現場に入ります!

ネーミングに時間がかかり
ブログが現場進捗に追い付いていないですが
そんな56Modelの進捗もお楽しみに!

次回は・・・

みんな大好き【模型編】です!

では。
———————————————————-
■56Modelの出会いや土地探しをご確認ください!
https://liastyle.jp/blog/category/lia-style-56/

■lia Styleの仲間とのつながり、想い出についても綴っています。ジブの視点で振り返る the 10th Anniversary。
https://liastyle.jp/blog/?cat=69

■現在ご覧いただけるモデルハウス 住まいづくりの未来へと導くモデル 37Model【羅針盤】
https://liastyle.jp/works/model37/
———————————————————-

 

それは「会話」から始まる家づくり。

それは「会話」から始まる家づくり。